川崎市・横浜市での葬儀は、一般葬から家族葬まで 佐野商店 セレモニア葬祭センタ- におまかせ下さい。

トップページ葬儀プランお葬式で行うこと

お葬式で行うこと

通夜葬儀の進め方

1.臨終直後の対応

末期(まつご)の水
臨終に立ち会った人が故人様に対して、死に水を与えます。
家族、親戚への死亡通知
近親者や縁故者に死亡報告をします。
葬儀社への連絡
佐野商店(葬儀社)にお迎えの連絡をします。
遺体安置と枕飾り
御遺体の安置場所を決定し、参拝・お参り・祈祷等出来る状態にします。

2.喪主の決定

喪主の決定
葬儀や以後の祭祀権者となる喪主を決めます。
施主の決定
費用負担をする施主を決めます。
(葬儀の時だけ・名目だけの役割とする場合もあります)

3.寺院への連絡と打ち合せ

電話連絡
寺院(菩提寺)へ死亡の連絡をします。
枕経
枕経を上げてもらうケースもあります。
打ち合わせ
寺院の都合を聞き、希望の葬儀日程を聞いておきます。

4.葬儀社との打ち合わせ

通夜、葬儀の日時と会場
葬儀社に寺院の希望日程を伝え、葬儀場・火葬場の空き状況とあわせ、日程を決定します。
宗旨宗派の確認
これから行う葬儀の形式(仏式・神式・キリスト教等)を確認します。
葬儀の規模と予算
訃報を知らせる範囲による葬儀の規模を想定し、予算額を把握します。
会葬者の人数と予測
実際に葬儀に参列する人数を把握します。

5.親族との打ち合わせ

死亡通知
亡くなった旨を、連絡漏れのないように知らせます。
近所へのあいさつ
これからの葬儀において関わりが出てくる近隣の方に死亡の連絡と協力・配慮のお願いをします。
役割分担の確認
葬儀役員(受付・会計等)や死亡連絡係、寺院送迎係などの親族で行う役割行動の分担をします。
喪服、宿泊の準備
喪服、親族宿泊場所の確認手配をします。
供花、供物の確認
親族による供花、供物を募ります。

6.通夜葬儀のための手配

死亡届
死亡届を市区町村役場に提出します。
供花、供物
供花や供物を取りまとめ葬儀社又は生花店や青果店に依頼します。
納骨器
納骨器を選定します。
霊柩車
霊柩車の形態やランクを決めます。
バス、ハイヤー
火葬場までのお供の車を決めます。(人数が多い場合や形にこだわる場合はハイヤー・マイクロバスを頼んだほうが良いでしょう)
写真の引き伸ばし
遺影用の写真を作ります。
受付用具、記録帳
葬儀で使用する会葬帳、香典を整理する香典帳などの記録帳や筆記用具を用意します。
会葬礼状
会葬者へのお礼状の枚数を決定します。
会葬御礼品
会葬礼状に添える会葬品を決めます。
通夜返し
通夜振る舞いが出来ない場合は通夜返しを決めます。
返礼品(当日返し)
香典返しを当日行う場合は返礼品を決めます。
通夜ぶるまい
通夜振る舞い用の料理を用意します。

7.式場の設営

部屋の整理
式場が自宅の場合には部屋を出来る限り片付け、式場機能としての空間を作ります。
祭壇
祭壇を飾ります。
忌中額、受付台の設置 ・受付台、道案内の設置
忌中額を玄関先に備え付け、弔問客・会葬者のための受付を設置します。
供花の順番
親戚、関係者から頂いた供花・供物に順番を決め並べます。
控え室の準備
僧侶が控える場所や親族が控える場所を作ります。
駐車場の確保
弔問客や会葬者が来場した際の駐車場の確保をします。
※葬儀専用会場で行う場合は、わずらわしい式場の準備が要りません

8.湯灌の儀式

湯灌の準備
湯灌の準備をします。(逆さ水やタオルを用意します)
末期の水
末期の水の準備をします。(水、脱脂綿などを用意します)
ご洗髪
頭髪を洗います。
ご洗体
体を拭きます。
身支度
白装束に着せ替えます。(手甲、脚絆、白足袋などをつける場合もあります)
ご納棺
ご遺体を棺に納めます。
佐野商店ではご遺族の代わって湯灌の準備をし、真心こもった納棺儀式をサポートします。

9.納棺

身支度
白装束に着せ替えます。(手甲、脚絆、白足袋などをつける場合もあります)
納棺の手順
ご遺体を棺に納めます。

10.通夜

通夜の準備
式場や控え室、受付が整っているか確認します。
僧侶のお迎えと対応
僧侶をお迎えに行きます。
弔問客の対応
式場に来場された弔問客を接待します。
席順
式場内の席順を確認します。
読経と焼香
僧侶より読経をあげてもらい、成仏を願い焼香をします。
通夜ぶるまい
弔問客を通夜振る舞いでもてなします。
僧侶へのお布施とお見送り
僧侶にお布施を納め、寺院へ送っていきます。

11.葬儀の準備と確認

<通夜終了後に葬儀の準備と確認を行います>

会葬礼状・会葬お礼品の準備・受付の準備
翌日の葬儀に会葬礼状やお返し物が足りるか確認します。
出棺の準備
出棺前の挨拶をする人・内容を確認します。
棺の中に入れてあげたいもの、棺を担う人を確認します。
席順、焼香順を決める
式場内の席順や焼香の順番を確認します
火葬場に行く人の確認と準備
火葬場へお供する方の人数や車両配置・初七日での精進落としでの料理数の確認をします。

<葬儀当日の確認>

受付の準備
受付の手伝いの確認と受付開始準備を行います。
弔辞、弔電の確認
弔辞を上げる予定の方、弔電の読む順番を確認します。

12.葬儀(式次第)

  • 遺族、親族、参列者着席
  • 開式の辞
  • 僧侶入場
  • 読経
  • 焼香
  • 弔辞拝受
  • 弔電奉読
  • 僧侶退場
  • 閉式の辞

13.お別れ、出棺

お別れ
故人様にお花を添え、お別れをします。
出棺のあいさつ
出棺前に親戚代表または喪主が挨拶をします。
棺を親族の男性が担い、霊柩車まで運びます。

14.火葬、骨あげ

火葬場での手順
親族は故人様が火葬される間は休憩室で待機し、火葬終了後にお骨を拾います。

15.法要、お斎

法要の進め方
火葬終了後、繰り上げての初七日法要を行います。僧侶の読経を受け、親族は焼香をします。
お斎の席順
読経の後の会食(お斎)では遺族は末席に座り、親族・関係者に協力・苦労を労い御礼を述べます。

16.葬儀を終えて

礼参
葬儀に際し、協力・負担を強いた関係各方面に御礼の挨拶に伺います。
事務の引継ぎ
遺産相続や名義変更などの手続きを行います。

しきたり・作法

<1>末期の水

死者が再び生きかえることを願い、水を与えることを言います。
新しい筆先か、割り箸の先に脱脂綿をくるみ、白いヒモでしばったものに水を含ませ、唇をうるおす程度にしめらせておこないます。

<2>神棚封じ

神棚は扉を閉め、白い紙で封じます。
これは、死の穢(けが)れを避ける意味があると考えられます。

<3>枕飾り

遺体を安置したら、枕元に飾ります。
これは白い布(または白か銀の打敷)をかけた小さな机に、三具足(花・香・灯明)を飾り、一膳飯、枕団子、水などを供えるものです。
三具足は、仏前供養の基本となる仏具であり、向かって左から花・香・灯明の順で並べます。

<4>掛軸

古来から、床の間は神霊の降りる所とされ、床柱は門松や地鎮祭などに立てる斎竹と同じ聖俗の境界を表しています。
忌中や供養の折に「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」の名号、題目や「十三仏」「観世音菩薩」などの図像を掛けて、招来する神仏を明らかにして床の間に飾ります。

<5>北枕

仏教では、遺体を安置するときに釈迦入滅の際の姿勢にならい、頭を北にして寝かせます。
このことを北枕・枕返し・頭北面西(ずほくめんさい)・頭北面西右脇臥などと言います。
どうしても北枕にできないときは、西枕にしてもかまいません。

<6>逆さごと

湯灌の際は、水にお湯をさし、死装束を左前にし、枕元には逆さ屏風を立てるなど、弔いを日常生活の作法とは逆の作法でおこないます。
これを""逆さごと”といい、今日の葬送儀礼の中にも、受け継がれています。死後の時間の逆行や位置の逆転にかかわっていると言われています。

<7>死装束

死装束は経帷子(かたびら)を着せ、頭巾(三角巾)を頭に、六文銭を縫いつけた(印刷の代用もある)頭陀袋(ずたぶくろ)を首にかけ、手に数珠を持ち、手甲、脚絆(きゃはん)、足袋、草鞋といった古い時代の旅装束で、杖まで持たせることがあります。これから冥土への長い道のりを杖をついて旅立っていくための衣裳で、頭陀袋の六文銭は三途の川の渡り賃だと言われています。

<8>忌中札

不幸があったことを知らせるために半紙に黒枠をつけて、忌中と書いて表に貼り出します。
昔は、すだれを裏返して忌中札を貼るのが習わしでした。また提灯を表に飾るのも忌中札同様に死を知らせるコミュニケーションの手段の一つとなっています。

<9>喪服

昔は白の喪服を用いました。特に死者の身代わりをつとめる喪主は、死装束を身に付けるという意味もあるようです。
今日では、黒の正装を用いることが多くなりました。男性は黒のモーニングか黒羽二重の染抜き五つ紋付きに羽織袴。女性は黒のアフタヌーンドレスか黒無地に染抜きの五つ紋付きに白羽二重の下着を重ねます。

<10>数珠

本来は数を数えるものでした。精神集中により雑念を払うための手法として用いられてきました。
珠の数は百八の煩悩を浄めるところから108個が基本とされていますが、半数の54個のもの、その半数の27個のものもあります。

<11>位牌

日本人の信仰では、霊は人々の生活の場に常在するものではなく、祀るときに招きよせるものであり、そのとき霊は媒介物を介して示現すると考えられてきました。
この媒介となるのが、「依り代(よりしろ)」と呼ばれるもので、榊、位牌、卒塔婆、石塔などがあります。なお、白木位牌は忌明けまでに本位牌に取り替えます。

<12>焼香

抹香(まっこう)を焚いて、死者を供養することを言います。本来は香を持参し、仏前に進み、懐中から香包を出して香炉にくべて礼拝していたようです。
焼香は、仏・法・僧に捧げる意味で三回する場合と、主香・従香と二回する場合などがあります。

<13>香典

香典は、もともと香を拝借した場合の代金を包んだのが始まりとも言われています。
今日では、故人に対して供物を捧げる意味と、葬礼を共同体の事業と考え、喪家の金銭的負担を軽くする意味合いがあります。

<14>お布施の表書き

供養のために寺院や僧侶にさしあげる謝礼は次のとおりです。
御布施、御供養、御香華料、御冥加、御嗜好料、御仏前、塔婆料、御血脈料、粗供養、御膳料、御菓子料、御車料、御棺覆料、御扇子料、御粗末料、永代供養、御明し料
以上、すべてを「お布施」と呼びます。

<15>通夜

葬儀の終了するまで、ことに夜中眠らず番をする通夜の風習は世界的です。
共通する特色は、親族や参列者が夜中眠らないと言うことであり、そのために火を絶やさず、飲食を供し、陽気に騒ぐのが一般的となっています。
その理由として、死者の魂が悪霊にとりつかれないように番をするのだとか、生者が死者や死霊そのものの恐怖を避けるのだとか言われています。

<16>心づけ

葬儀や世話役になっていただいた方や、家事を手伝っていただいた近所の方々に、若干のお礼をするのがしきたりになっています。
霊柩車やハイヤーの運転手などにも心付けを渡したほうがいいでしょう。

<17>お骨上げ

血縁の深い順に木か竹の箸で拾いあげ、人から人へ渡したり、二人で同じ骨をはさんで骨壺に納めます。
まず、足の骨から拾いあげ、次に腕・腰・背・歯・頭の順にし、最後にのど仏を拾います。
火葬場により若干の違いがありますので、火葬場係員の指示にしたがってください。

<18>清め塩

葬儀から帰ってきた人は、家の中に入る前に体に塩を振りかけて清める習慣があります。
ただし死を穢(けが)れとみなさない仏教的な立場から、この清め塩は特に意味はありません。

<19>香典返し

一般的には、四十九日の忌明け前に手配し、忌明け前後にお届けします。
また、地方によっては当日にお返しするところもあります。
お返しは、いただいた金額の半額程度の品物を用意してお届けすることが一般的なようです。
香典を受け取ったしるしとなるとともに、世間に対しては忌の明けたことを知らせる役割もします。

<20>忌明け

仏教では、三十五日・四十九日の法要、神道では三十日祭、五十日祭をもって忌明けとしています。
宗教によっては、この間を中有または中陰と呼び、忌明けを、満中陰と呼んでいます。
中陰の間、死者の霊魂はこの世にとどまり、四十九日の満中陰を迎えて死後の行き場所が決まり冥土へたどり着くと言われています。

<21>戒名・法名・法号

戒名・法名・法号は仏門に入った者に付ける名前で、古くは魂の成長とともに名前が何度も変わりました。
死後、名付けられる仏名は、仏門に帰依したという意味とともに、仏のさとりに入ったという意味をも含んでいます。

<22>お斎

仏事に関する食事(精進料理)のことを「お斎」といいます。
元来、眠らずにいるという意味であったお伽(とぎ)が「きよめる」、「ととのえる」の意味をもつ斎と習合して、おときになったと言われています。死者の側で相手をするというところから、膳を死者のために設けておく地方もあります。

<23>喪中はがき

葬儀を出して、初めて迎えるお正月の年賀状は、服喪中であることから遠慮することが習わしです。
相手側が年賀状のあて名書きを始める前の11月下旬から12月上旬間での間に年賀欠礼状<喪中>のはがきを出しましょう。
なお、葬儀が12月中旬過ぎの場合は、喪中はがきを出さずに寒中見舞いの形で賀状の返事とすればよいでしょう。

<24>分骨

釈迦入滅の折、荼毘(だび)にふされた仏舎利は八カ所に分骨され、弟子たちの手でそれぞれ厚く供養されたのが分骨の始まりです。
遺骨は郷里にある先祖代々の墓に分骨されたり、真宗本山の御廟へ分骨します。

挨拶・例文

出棺のあいさつ例文(喪主)

本日はご多用のところ、わざわざご会葬いただき誠にありがとうございました。
生前からご親交いただきました多くの方々にお見送りをいただき、故人もさぞかし喜んでいることと存じます。
生前のご厚誼に対し、厚く御礼申し上げます。
これからは私ども遺族一同、故人の遺志にそのよう努めていく所存でございます。
何分の御指導、ご鞭撻の程、お願い申し上げます。
本日はありがとうございました。

出棺のあいさつ例文(親戚代表)

遺族を代表いたしまして、皆様に一言ご挨拶を申し上げます。
本日はご多用中にもかかわらず、ご会葬、ご焼香をたまわり誠にありがとうございました。
おかげをもちまして葬儀・告別式もとどこおりなくすみ、これより出棺の運びとなりました。
生前はひとかたならぬご厚誼にあずかり、今ここに最後のお見送りまでいただきまして故人もさぞかし皆様のご厚情を感謝いたしておることと存じます。
なお、残されました(     )に対しましても今後とも亡き(     )生前と変わりなきご指導ご厚誼をたまわりますようお願い申し上げまして、ご挨拶を終わらせていただきます。
本日は誠にありがとうございました。

会食前(お斎(とき))のあいさつ(喪主のあいさつ)例文

本日は、ご多忙のところ、亡○○のためにご会葬賜りまして、誠に有り難う御座いました。
おかげさまにて、菩提寺 住職○○寺○○上人のご指導のもとにとどこおりなく、葬儀ならびに告別式を厳粛のうちにあい済ませることができました。さぞかし、亡き○○も今はやすらかに、御仏のみ許にあって、浄土の蓮の台に座していることと存じます。なお、お汚しでは御座いますが、ささやかな粗飯(そはん)を用意いたしましたので、どうかおくつろぎ頂きたいと思います。本当に有り難う御座いました。

献杯の挨拶例文

「故人のご冥福を祈って、ご献杯申し上げます。 献杯」

*故人のご冥福を祈り、ご遺徳を偲ぶという趣旨でお盃を献げていただきます。
発声は、ご遺族・ご親戚で故人とのご関係が深い方が適任と存じます。
皆様にお飲み物をグラスについでいただきます。

お問い合せ・ご相談・お見積り・資料請求(無料)【フリーダイヤル:0120-80-4929】24時間、365日、いつでも受け付けております。