外観:平安会館みやまえだいら

壁面の緑化や自然の光を取り入れ、
照明の約90%がLEDを使用している人と
環境にやさしい会館です。

当会館は2011年9月にオープンし、多くのお客様にご利用していただいております。
東急田園都市線 宮前平駅から徒歩6分、東名川崎インターから車で3分という立地の良い会館です。

式場の隣にある親族控室には洋室・和室・バス・トイレがございます。
夜間はご遺族・ご親族の方に仮眠していただくことが出来ます。
故人様のお近くで最期の夜をお過ごしいただけたらと思います。

当会館には厨房施設を設置しておりますので、通夜振る舞いの際、
揚げたての温かい天ぷらをご提供しております。

会館の見学、事前のご相談も行なっております。お気軽にお問い合わせ下さい。

  • AED
  • 禁煙
  • 喫煙所設置

会場設備

  • オンライン葬儀配信

    オンライン葬儀配信

  • 家族葬もソーシャルディスタンス

    家族葬もソーシャルディスタンス

  • 感染症対策の呼びかけと消毒剤の設置

    感染症対策の呼びかけと消毒剤の設置

  • 食事用パーテーション

    食事用パーテーション

  • 会館入口

    会館入口

  • 生花祭壇

    生花祭壇

  • 3F 式場

    3F 式場

  • 2F 会食スペース

    2F 会食スペース

  • 親族控室

    親族控室

  • AED設置

    AED設置

  • キッズスペース完備

    キッズスペース完備

  • コールドルーム(霊安室)

    コールドルーム(霊安室)

  • 1F 駐車場

    1F 駐車場

  • 通夜料理

    通夜料理

  • 揚げたての天ぷら

    揚げたての天ぷら

  • 事前相談受付中

    事前相談受付中

  • 式場

    式場

  • 外観

    外観

お客様の声

  • 2021年2月22日 平安会館みやまえだいら

    湯灌を丁寧に行っていただいたり、お化粧も母の好みを聞いていただき満足できました。

  • スタッフからのひとこと

    岩下 遼
    平安会館みやまえだいら 館長 岩下 遼

    どなた様にもその日は必ずやって来ます。

    一度きりのご葬儀。

    故人様との最期の日を
    遺族の新たなスタートの日を
    平安会館みやまえだいらは
    皆さまのその日をそっと支えられたらと思います。

    アクセス

    所在地 〒216-0005 川崎市宮前区土橋1-4-12
    TEL 044-870-1002 FAX 044-870-1004
    設備概要 駐車場9台、ロビー、フロント、障害者用各種設備、法事室、ご相談コーナー(応接室)、ご安置設備、喫煙コーナー、親族控室、僧侶控室
    アクセス
    東急田園都市線「宮前平駅」をご利用の場合
    • ・宮前平駅より東名川崎インタ-方面へ徒歩にて約6分(尻手黒川沿線道路沿い)
    • ・宮前平駅北口4番バスのりばより
      市営バス/溝15系統(溝口駅南口行)にて「土橋神社前」下車
    • ・宮前平駅南口1番のりばより
      生01系統(生田駅行)または宮03系統、宮04系統(鷲ヶ峰営業所行)または宮05系統(聖マリアンナ医科大学行)にて「土橋神社前」下車

    駐車場

    東名高速を利用

    東名川崎ICを下り 尻手黒川線を川崎方面へ、600m先「土橋神社」交差点左側

    平安会館みやまえだいら・駐車場

    よくある質問

    セレモニア平安会館みやまえだいらまでのアクセス方法を教えてください
    電車をご利用の方は、東急田園都市線「宮前平駅」より、徒歩約6分にございます。バスをご利用の場合は、宮前平駅北口乗り場より市営バス/溝15系統から「土橋神社前」のバス停、または宮前平駅南口乗り場より、生01系統または宮03系統、宮04系統、または宮05系統(聖マリアンナ医科大学行)から「土橋神社前」のバス停をご利用ください。お車をご利用の方は、東名高速「東名川崎IC」をご利用ください。
    セレモニア平安会館みやまえだいらで行える葬儀プランと費用感について教えてください
    セレモニア平安会館みやまえだいらは、22万円から(10名程度)の葬儀プランがございます。お客様のニーズに合わせて火葬式一日葬通夜・告別式の3つのプランをご用意しております。
    セレモニア平安会館みやまえだいらの駐車場は何台まで留められますか?
    9台分の専用駐車場がございます。
    一日葬は可能ですか?
    承っております。何なりとお申し付けくださいませ。

    宮前区の特徴

    川崎市の宮前区にはおよそ23万の人々が暮らしています。かつては農村地帯でしたが、東名川崎ICが開通してからは交通の便が良くなり、東京都心部への移動も容易になりました。その結果、ベッドタウンとしての価値が高まり、現在の宮前区のほとんどが宅地として開発されています。自動車以外の交通手段として鉄道もあります。区内には東急田園都市線の宮前平駅と鷺沼駅の2つあり、どちらかの駅を利用することで渋谷方面、あるいは青葉台方面に行くことができます。宮前区には幼稚園や高等学校など、教育機関が一通りそろっているため、若いファミリー層に人気です。その中には親子三世代で暮らしている方も見受けられます。

    宮前区の葬儀について

    宮前区はベッドタウンという性質上、古くからの葬儀の風習といったものはあまりなく、葬儀も一般的な流れで行われています。かつての葬儀は、家族や個人向けというよりは、村や町といった共同体向けという意味合いが強いものでした。ところが、核家族化や近隣との付き合いの減少などの理由から、葬儀においても親族や故人の友人、特にお世話になった職場関係者など、最低限の参列者で済ませる方も少なくありません。また、近年は全体的に高齢化が進んでおり、参列の意志があっても体力的な問題から斎場まで行くのが難しいというケースも出てきています。しかし、宮前区は交通網が発達しているため、公共交通機関、あるいは葬儀会社が用意するマイクロバスを利用することで、舗装された道を通りながら、体に負担をかけることなく目的地まで向かえます。また、宮前区は区内各所に斎場があり、特に利用しやすいところなら駅から徒歩で6分ほどの距離にあるため、ご高齢の方も参列しやすい環境が整っています。

    宮前区の家族葬について

    日本は全体的に、葬儀の規模はなるべくコンパクトにするという流れになっています。宮前区でも、友人や知人、職場の方は呼ばずに近しい家族だけで葬儀を執り行う家族葬の需要が高まっています。家族葬は参列者が少なく、使用する会場がコンパクトで良いため、大勢の方々を集める従来型の葬儀よりは費用を抑えることができます。ただ、それ以上に家族葬が求められているのは、一緒に長い時間を過ごしてきた人との別れにじっくり向き合いたいという要望が高まっていることも、理由として挙げられるでしょう。大きなホールではその広さから落ち着かない気分になりますが、宮前区には家族葬向けに環境が整えられた斎場も存在しています。十分な設備が用意された斎場であれば、安らかな気持ちで葬儀が行えることでしょう。